春が近づいてきました♪ 【信州サクラ情報】高遠城址公園

3月も中旬を過ぎると、

毎日が春の陽気だったり、また冬に戻ったり・・・

なかなか落ち着かない不安定な様子となります。


野沢温泉ではまだまだスキーが楽しめますが(5月まで)、

温泉街は雪もとけ、

景色も大分移り変わってきました。


春の訪れを一日一日と感じている、この頃です。


さて、来月になると、

信州では、桜や菜の花がお楽しみいただけます!

季節の花はやっぱりイイ!!


野沢温泉へお越しの道中、ぜひお楽しみください。


本日は、

信州を代表する桜名所「高遠城址公園」をご紹介。





昨日のテレビ番組「ほこ×たて」(フジテレビ系列)で

この高遠城址公園が「桜対決」で紹介されたようです!

見たかった~!(3/25更新)






『天下第一の桜』と名高い桜と歴史の名所「高遠城址公園」。

(以前の写真です)
takato1.jpg

高遠城は戦国時代、武田信玄の家臣であった山本勘助が改修した堅城です。

別名兜山城(かぶとやまじょう)とも言われ、現在、当時の建物は解体・移築され、かつての敷地内には残っていません。

ゆいいつ、高遠藩士の師弟が学んだ藩校、進徳館(しんとくかん)が現存しています。

廃藩置県後、旧高遠藩士達が桜の馬場から桜を城跡に移植し、明治8年(1875年)に高遠城址公園となりました。



かつて馬の姿が桜の花に埋もれて隠れたという高遠藩の桜の馬場。

明治8年、荒れたままになっていた高遠城址を何とかしようと、旧藩士達が馬場の桜を城址に移植したのが公園の桜の始まりです。

高遠の桜(たかとおのさくら)は、タカトオコヒガンザクラで、ソメイヨシノより少し小ぶりで赤みのある花を咲かせます。

園内には約1500本以上の桜があり、古くから「天下一の桜」と称されて全国的に有名で「県の天然記念物」「さくら名所100選」にも選ばれています。

満開時には公園全体が薄紅色に染まり、白いソメイヨシノとは一味違った桜を楽しめます。

見頃は4月中旬、城址公園がピンクに染まる花のシーズンには、 30万人以上の観光客が訪れます。


takato2.jpg


≪アクセス≫

自動車利用:中央自動車道伊那インターから国道361号線を東へ直進。

鉄道利用:JR飯田線伊那市駅からJRバス高遠行きで25分、高遠下車、徒歩20分。

当館まで車で2時間半


大きな地図で見る

≪ホームページほか≫

高遠城址公園のホームページはこちら


ご案内ムービーはこちら
takatoMV.jpg






▼▼▼春のおススメご宿泊プランはコチラ▼▼▼

● 麗らかな春旅♪【4月のお客様感謝プラン】7特典付7,777円から!

● 菜の花シーズン【限定】!郷土の幸で満喫する連泊プラン!

● 【春スキー】特典&リフト券付きパックプラン♪滑りおさめは野沢温泉!


facebook.nozawaonsen.kawaichiya.jpg


にほんブログ村 旅行ブログへ 

長野県信州の湯宿 野沢温泉河一屋旅館
Nozawa onsen Kawaichiya Ryokan

- スポンサードリンク -

- スポンサードリンク -